所長 田邊 満夫(田辺 満夫) ごあいさつ


 私は法務省所管の国家資格者として、業務を「公平」に行うため不動産登記法を始めとした関連諸法令に精通する一方、測量技術の向上にも取り組み、ますます複雑化・高度化する不動産を取り巻く諸状況にも対応すべく日々研鑽と技術の向上等に努力を続けております。
 皆様が土地の境界、地目、地積、あるいは建物の新築、増築、取毀(取壊し)、種類、構造などに関して登記が必要となった時、不動産についての疑問やお困り事がおきた時、どうぞお気軽にご相談ください。

近影

事務所概要

 私どもの事務所は、土地家屋調査士事務所と一級建築士事務所として各資格での事務所登録を行い、主に土地家屋調査士として業行っており、一級建築士としての建築設計に関しての業務はほとんど行っておりません。 ただし、建築設計等に必要な敷地調査及び測量、行政との二項道路のセットバック位置確認の立会等、設計のための事前調査部分については一級建築士として業務を行っております。
 その他として、各資格の専門的分野の相談とは別に土地家屋調査士・一級建築士・宅地建物取引主任者として土地の選別~取得~建物の設計~建築または購入について等、不動産全般についての相談も受けておりますのでお気軽にお問い合わせください。
(宅地建物取引主任者登録はしております、しかし不動産業者として登録は行っておりませんので不動産屋ではありません、よって不動産取引等の業務は行っておりません、また不動産業者の斡旋についても当方からは行いません。)


【事務所の登録について】

土地家屋調査士

 土地家屋調査士法関係法規に基づき、日本土地家屋調査士会連合会と、事務所を設ける都道府県に設立されている高知県土地家屋調査士会(業務を行うためには入会必要)に平成9年1月に土地家屋調査士事務所として登録入会する。

 
一級建築士

 建築士法等関係法規に基づき、平成4年2月一級建築士免許証の交付、高知県建築士会入会(入会は任意)、平成10年1月に高知県知事に一級建築士事務所として登録する。



土地家屋調査士とは

 土地家屋調査士は、不動産の所有者に代理して、不動産の「表示に関する登記」手続きを行うことを業務とし、また関連する業務としてその登記手続きに必要な不動産の調査・測量を行います。

「表示に関する登記」とは

 法務局に保管されている不動産登記記録(登記簿)のうち、「表題部」(ひょうだいぶ)中に記載される登記のことをいい、不動産登記記録(登記簿)には大きく分けて「土地」と「建物」の二つに区別されます。